2020年3月14日JRダイヤ改正 全社の改正内容を一気読み 概要と発表のまとめ 

JRグループ 2020年3月14日ダイヤ改正 主な内容はこちら 12月13日、JRグループが、2020年3月14日のダイヤ改正の概要を発表しました。当ブログの予想より1週早い発表でした。 内容はこのブログでお知らせした事前の情報と大きく変わりませんでしたが、一部新情報もありました。各地で新列車の設定、車両の置き換え、増発や運転パターンの変更が発表されており、その中でも特筆されるものを記載します。 […]

2019大晦日-2020元旦 大手私鉄と地下鉄の終夜運転情報まとめ 西高東低の傾向

昨年とほぼ同規模 2019-2020大手私鉄と地下鉄の終夜運転 2019年大晦日から、2020年元旦にかけての大手私鉄、地下鉄各社局の終夜運転の予定がほぼ発表されました。 近年は規模、本数とも減少する傾向にあり、特に今年はJR西日本から早々と縮小の発表があり、これに他社が追従するのかが注目されていましたが、結論から言うとほぼ昨年を踏襲したものとなりました。 終夜運転の実施状況を、発表された内容を基 […]

2020年3月JRダイヤ改正 正式発表はいつ? 各種報道でわかっていることのまとめ 12月13日追記

12月13日に各社からダイヤ改正についての発表がありました。こちらで紹介しています。 2020年JRグループダイヤ改正 実施は3月14日か JRグループでは、例年3月頃にダイヤ改正を実施していますが、その概要が発表される時期が近づいてきました。おおむね12月の第3土曜の前日に発表されることが多く(2019年改正は、2018年12月14日金曜日でした)、その例で行くと今年の発表日は12月20日という […]

『銀河』で再デビューの117系 どんな車両だった?地域密着車両の先駆け、オリジナルは運用狭まる元新快速「専用」117系を解説します

WEST EXPRESS 銀河で再デビュー 117系 2020年5月に運行開始が予定されている『WEST EXPRESS 銀河』。その改造もとになった車両は117系と呼ばれる車両です。この117系は国鉄末期の1980年(昭和55年)に京阪神地区の新快速専用として製造されました。特定の地域で使うことだけを想定した車両は、 全国で標準化政策を進める国鉄の中にあって全くの異色の存在で、これ以降「地域密着 […]

撮り鉄か 札沼線で撮影者が線路内立ち入り 98分の遅れで乗客10人に影響 このような危険行為、迷惑行為には断固反対します

警笛鳴らすも立ち退かず 北海道新聞の記事によると、11月30日18時25分ごろ、北海道樺戸郡月形町を走るJR札沼線の豊ヶ岡駅構内で、線路内に男性がいるのを石狩当別発羅臼行き列車の運転士が発見しました。警笛を鳴らしても立ち退かなかったため、この列車は98分遅れで同駅を発車、10人に影響が出ました。男性は写真を撮影していたとみられ、警察官が駆け付けると退去したということです。 今回も「撮り鉄」なのか? […]

JR九州が香椎線で自動運転の導入を目指す まずは自動列車運転装置(ATO)による半自動運転を2020年4月から

香椎線でATO導入 踏切ありホームドアなしでは全国初 11月29日付日刊工業新聞(こちら)によると、かねてからの発表通り、JR九州が将来の自動運転を見据え、自動列車運転装置(ATO)による半自動運転を目指していることがわかりました。対象となるのは香椎線の西戸崎-香椎間で、早ければ2020年春にも開始されます。ATOは、自動的に加速、定められた点での停車が行える装置で、運転士に必要な操作は発車時のボ […]

まるでETCのような「タッチレス」改札 専用スマホアプリと連動でJR東日本が近く実用化へ 

ICカードを出さずにタッチレスで改札を通過 JR東日本は、今のようにICカードを出して改札機にタッチせず、有効な乗車券類を所持していればそのまま通過できる「タッチレス」改札を実用化することを発表しました。上部に設置したセンサーからミリ波と呼ばれる電波を照射し、スマホのアプリを通じて通過の可否を判断します。特に女性客から「Suicaを鞄に入れていることが多く、取り出すのが面倒」という声があり、また読 […]

JR東日本 2019大晦日-2020元旦の首都圏終夜運転は昨年規模 縮小の関西圏とは違う結果に

※PDFが見られない方はこちら JR東日本から、2019年大晦日-2020年元旦の終夜運転の概要が発表されています。区間、規模とも縮小された関西地区とは違い、ほぼ前年の内容を引き継いだものになっています。 発表によると、山手線は内回り、外回りとも終夜約12分間隔で運転、京浜東北線は大宮-桜木町間で20~40分間隔、総武・中央線は東京-高尾間の各駅停車と中野-千葉間で20~50分間隔、京葉線は東京- […]

成田空港第2ビル駅の二重改札解消 そもそもなぜ? 利用者目線で交通機関を考える 日本の当たり前は世界では?

[ 成田空港第2ビル駅 京成経由でのJR出札を廃止 二重改札解消 成田空港第2ビル駅では現在、JR線で到着した乗客は京成との中間改札を通りもう一度京成出口を出て空港ターミナルビルに入りますが、12月10日よりこれを解消し、JR線から直接ターミナルビルに入れるようになることが発表されました。施設の改良により、入口専用だったJR改札口を出入口とすることで、乗客は2度改札を通る手間から開放されることにな […]

1 7