青函トンネルだけじゃない 懐かしの1988年3月号時刻表 北海道長距離列車道南編

北海道の長距離列車網 現在の運転体系を作った1980年改正 JTBパブリッシング発行の「時刻表完全復刻版1988年3月号」から、当時の列車ダイヤを振り返る話題は、前回の青函トンネルから北海道内へと北上、1988年3月改正の北海道内の長距離列車についてです。今回は、特急『北斗』急行『すずらん』など道南を取り上げます。 1970年代半ばまで、本州から北海道へのアクセスは青函連絡船を利用することが一般的 […]

2021年改正 京阪神終電繰り上げ後のダイヤはこうなる JR西日本が新ダイヤ時刻表案を発表

  • 2020.09.18

最大繰上げは30分 本数削減も JR西日本が発表した終電繰り上げ後のダイヤはこうなる JR西日本は、来年2021年のダイヤ改正で実施するとしていた京阪神地区の終電繰り上げについて、その計画案を発表しました。 終電繰り上げの対象となるのは、JR京都線やJR神戸線、大阪環状線、阪和線、学研都市線、大和路線、宝塚線などの大阪市内を発着する路線の他、奈良線、琵琶湖線や湖西線も含まれています。 JR西日本の […]

青函トンネル開業時の時刻表 快速『海峡』が主役 時刻表復刻版1988年3月号より

時刻表復刻版1988年3月号より振り返る 青函トンネル開業時の時刻表 先日の記事で、JTBパブリッシング発行「時刻表完全復刻版1988年3月号」とその時代をざっと述べましたが、今回からはさらに路線や区間を掘り下げて当時を振り返ってみたいと思います。まずは、1988年3月改正で開業した青函トンネルです。当時の青函トンネルは、快速『海峡』が主役でした。 現在青函トンネルは、2016年改正の北海道新幹線 […]

時刻表完全復刻版 1988年3月号を見る どんな時代だった?

購入してみました 時刻表完全復刻版1988年3月号 JTBパブリッシングから発行されている「時刻表完全復刻版」シリーズから、1988年3月号のご紹介です。 この時刻表完全復刻版は既に何点かが商品化され、特に戦前・戦中や終戦直後版など資料性の非常に高いものもありますが、値段が10,000円を超えるものもあり、なかなか手が出せるものではありません。しかし、戦後発行のものは1,000円台後半とリーズナブ […]

2021年3月ダイヤ改正 山手線など首都圏でも終電繰上げ JR東日本

  • 2020.09.03

山手線など、首都圏で30分程度の終電繰上げへ 2021年3月ダイヤ改正 JR東日本は、2021年3月に予定されているダイヤ改正で、山手線など首都圏の路線において30分程度の終電繰上げを行うことを計画していることがわかりました。対象地域はおおむね東京圏100㎞以内の首都圏とし、それ以外の路線では実施しないということです。また、具体的な路線、線区については10月にも発表するということです。 JR東日本 […]

どうなる肥薩線の復旧 流出の球磨川第一橋梁 現行基準では再建困難

  • 2020.08.29

球磨川第一橋梁 肥薩線のハイライトであり、構造的にも貴重な橋梁だった 2020年7月豪雨で流出した肥薩線の球磨川第一橋梁について、現在の政令を基準とするとそのままでは再建出来ないことがわかりました。橋脚の間隔が狭く、川面からの高さが不足するなどしているということです。肥薩線の復旧には橋梁の再建が不可欠ですが、方法によっては費用が大幅に膨らむ可能性もあり、肥薩線の存続に関わる事態となりそうです。 球 […]

2021年ダイヤ改正は縮小・減便が目立つ内容か JR西日本が終電繰り上げ、JR九州が減便を発表

  • 2020.08.27

2021年改正は運転規模縮小・減便が相次ぐか JR西日本・九州が発表 来春2021年に行われる予定のダイヤ改正は、縮小が目立つ内容となる可能性が出てきました。JR西日本は2021年の改正で、関西圏で終電の繰り上げを行うことを発表しました。深夜作業の時間確保が目的としており、深夜帯の需要縮小が進んでいることから数年以内に終電繰り上げを実施することが、かねてから発表されていました(近畿圏の深夜ダイヤ見 […]

関空特急『 はるか』1日18本へ減便で日中の運転取り止め コロナによる利用低迷で

  • 2020.08.22

『 はるか』の運行見直し 減便で日中の運転取り止めへ JR西日本は、コロナウイルス拡大による利用状況を踏まえ、9月1日以降の特急列車の運行見直しを発表しました。主に京都-関西空港を結ぶ『 はるか』は、海外旅行客やインバウンドの減少で大きく利用が落ち込んでいることから、1日あたり上下18本の減便運行とし、日中の運転は当面運転取り止めとなります。 『 はるか』の本来のダイヤでは、1日あたりの運転本数は […]

「津山まなびの鉄道館」へ行ってきました 扇形機関庫に転車台 310円で十分楽しめます

  • 2020.08.17

津山まなびの鉄道館 基本データ 津山駅から徒歩約10分 兵庫県津山市は、中国山地に開けた数少ない平地で、古くから交通の要衝として栄えてきました。現在の津山駅も、津山線と因美線、姫新線の交わるジャンクションとして重要な役割を果たしています。 そんな津山駅のすぐ側に、かつての扇型機関庫を利用したちょつとした博物館があります。それが、「津山まなびの鉄道館」です。 まずは基本データのご紹介です。 津山まな […]

京橋駅が壊滅的被害を受けた、終戦前日の大阪空襲から75年 犠牲者数は現在も不明

  • 2020.08.14

大阪・京橋駅に爆弾が落下 大勢の市民が犠牲に 終戦前日の1945年(昭和20年)8月14日、大阪市は白昼の空襲を受けました。この日の目標は当時東洋一の工場と呼ばれた大阪陸軍造兵廠。場所は大阪環状線、学研都市線、京阪線の京橋駅のすぐそば、大阪城に隣接する位置にありました。この時、工廠を外れた爆弾が京橋駅に落下、京橋駅は壊滅的な被害を受け、大勢の市民が犠牲となりました。あまりの被害の大きさに、今なお犠 […]

1 14